毎日、暑いですね

私は、虫が苦手

この季節は、苦手のものが増えるので

歩くのもビクビクしながら歩いていることが多いです(笑)

どの季節もよいところがあるので

そこを見つけることができれば

楽しむことができると思うのですが(^^)

あ。

夏は洗濯物が風になびいてる光景や

青い空は好きです。(無理やり)

横道にそれましたが

今日も、もちろんプリザーブドフラワーについてです。

レッスンにお越しいただいている方はもちろんご存じのお花

それ以外の方も

プリザーブドフラワーをご存じの方が増えてきています。

プリザーブドフラワーのお仕事をしていますとお話しをすると
知ってる知ってる。長持ちするお花でしょ(^^)
って、反応が返ってくることが多いので

うれしいです。

ただ、まだまだドライフラワーや造花と混同されている方が多いんです

乾燥して、パリパリの花ね。

とか、プラスチック製品でしょ

っておっしゃる方も多いのです(笑)

販売されているお花の多くが

造花と一緒にアレンジされてしまっているので

仕方ないのですが。。。

プリザーブドフラワーは
ドライフラワーでも、造花でもありません
生きているお花を長期保存できるように
特殊な加工を施したお花なんです。

もともと生きていたお花なので

1リン1リン表情が違うお花なんですね

街の花屋さんでも

販売されていることが多いので

また、機会があれば見てみてください(^^)

ただ、店頭に並んでいるお花は

プリザーブドフラワーに加工したものを

仕入れて器にアレンジメントされたお花

Green’s taleでは

アレンジメントも販売していますが
持ち込んでいただいたお花を保存できるように

プリザーブドフラワーに加工するところから承っています。

(加工に適さないお花もあります。ご相談ください)

結婚式のブーケや

プロポーズの時にもらったお花

どんなに大事にしていても

夏だと、ながくて1週間ほどの命です。

大切なお花が枯れてしまう前に、

保存できるように

加工させていただいています。

花を保存するだけではなくて

その時の思いも一緒に保存する

感じでしょうか。

特殊な液で

いったん真っ白にしたあと

元に近い状態に復元していく作業になります。

とっても根気と経験のいる作業になりますので

お預かりからお渡しまでに

最長で半年ほどかかる場合もありますが

今まで、お預かりさせていただいた方

みなさんに喜んでいただいているので

がんばっています♪
それと、Green’s taleでは

加工のノウハウをレッスンにも取り入れています。

写真のオレンジのお花は
プリザーブドフラワーの加工から学んでいただける
基礎レッスンにお越しいただいている
I様が加工されたお花

ご自身加工されたお花をマグネットにされたので
写真を見せてくださいって
お伝えしたところ

私のわがままにお応えくださいました♪

とっても綺麗にプリザーブドフラワーに
なりましたね(^^)

アトリエのご案内も
綺麗に保存いただいているようで
とってもうれしいです。

I様。

ありがとうございました♪