今回は、プリザーブド加工させていただいたお花のご紹介です。

 

こちらのブログをご覧いただいている方なら

もうすでにご存じの方が多いとは思いますが

プリザーブド加工は、特殊な加工技術で

生花を長期間保存できるようにする加工技術のことです。

 

こちらは、昨年お預かりしたウェディングブーケ

プリザーブド加工

プリザーブド加工前のブーケ

プリザーブド加工

プリザーブド加工前のブーケ

 

その花たちをプリザーブドフラワーに加工し

二つのブーケを同じ入れ物にアレンジしたあと

先日お返しさせていただきました。

 

プリザーブド加工

プリザーブド加工

 

結婚式で使用したお花は特にプリザーブドフラワーに

加工するために必要な水分量が不足しがち

いったん花に水を戻す作業をおこなったあと

脱色された花色を、一輪一輪手作業で

元の色合いに近い状態に着色

はずれた花びらも元にもどしていきます。

 

それだけ手間をかけても

実際ご覧いただく前には、やはり緊張します。

 

その緊張のあと、

わぁっと喜んでいただけた時

半年近くの緊張感がふわっとほぐれます。

 

今回のお引渡しの際も

とても素敵な笑顔で喜んでいただけて

とてもうれしい気持ちでいっぱいになりました。

 

この先も、ずっとお幸せに

ありがとうございました。

 

プリザーブド加工は、すべてのお花が魔法のように
ぱぱっと加工できて保存できるわけではありませんが

大切お花を保存できる技術です。

迷われたらご相談くださいね。

”生花をプレゼントされたら、すぐにお水につけましょう”
とても大事なことなのでお忘れなく

“When you are gift a flower, let’s put your water immediately”
Do not forget so very important thing