結婚式のブーケやプロポーズ、お誕生日などにプレゼントされた花たち

大切に思えば思うほど手元に残したくなります

 

当店では、その大切な花をお預かりし

プリザーブドフラワーに加工しています。

直接ご来店いただく方も多いで、その時にお客様からお話しを聞いていると

どれだけ、この花が大切で残したいのか思いが伝わってきて

こちらも大切に作業をすすめないと。という気持ちになります。

 

お預かりする花は

できれば、新鮮な状態がベストなのですが

プリザーブドフラワーに加工して保存することを思いつかなかったとか

いろいろな事情で、時間が経過してしまい傷んだ状態で持ち込まれる花もあります。

 

たとえば、こちらの花(どうして、こうなってしまったのかは書けないのです)

                         〈 持ち込みされた時の花 〉

 

この花たちは、ウェディングブーケとして使われ

どうしても残したいとのことでしたので(もちろん、傷が残ることはご了承いただいた上でお預かりします)

お預かりして加工させていただきました。

                                    〈 加工後の写真 〉

 

写真をご覧いただければわかると思いますが

一度死んでしまったり傷ついた細胞は元には戻せないので、

そのまま残ります。

 

ただ、その経過も思い出のひとつだと思っていただければいいかなと。

 

 

ガクからはずれたハナビラを一枚一枚ガクに固定し

元の姿に近い状態に修復していく作業を続けていき

ようやくです。

 

マラソンは走ったことがありませんが

たぶん。マラソンを走り切ったくらいの疲れ具合です(笑)

 

機械を使って

ぱぱっと魔法のように花が加工されていくという

イメージを持たれている方も多いですが。

 

ひとつひとつ手作業です。

 

なので、お返しするまでに

時間がかかることが多いです

 

あらかじめ、ご理解いただけるとうれしいです。