神戸の夏も終わり

そろそろ彼女にプロポーズをと考えていらっしゃる方も多いと思います。

 

お友達に相談するわけにもいかないし

まして、彼女にばれてしまっては

サプライズにならないし、

どうしたらいいのか

結構迷われている方が多いんです。

 

Green’s taleでは

毎日のようにプロポーズのお花のご相談をおうけしています。

ご相談をお受けするときには

ご本人のご希望やプレゼントされるお相手の好みや

シチュエーションなど

できるだけ細かい内容をうかがって。

 

この方だと、このサイズのものを渡されたほうが

かっこいいんじゃないかなとか

いろいろ考えて

他の女性の意見も参考にご提案させていただくこともあります。

 

長くなりましたが、

今回は、上品に大人の花束をご用意

プリザーブドフラワーの花束

プリザーブドフラワーの花束

 

持ち帰りやすいように、抱えられる大きさで

(これは彼の希望。やさしい)

 

かつ、花のランクは下げず

よいバラと小花もプリザーブドフラワーで

 

6本のバラを選ばれたのは、

「お互いに敬い、愛し、分かり合おう」という花言葉から

 

素敵な記念日になっていますように♪

 

 

 

プロポーズに成功した後——-

花束の状態のままだと飾りにくい場合は

フォトフレームなどにしたり

ウェディングブーケにしたりとリアレンジも可能です。

これは、プリザーブドフラワーだからできること(生花だと無理ですよね)

それと、成功した方だけご相談をおうけすることができます。

彼女と相談してみてくださいね。

 

リアレンジの参考ページはコチラ→