結婚式って準備中はプランナーさんからの宿題に追われて

だいたい3ケ月前くらいからバタバタと忙しくなり

このあたりから喧嘩してしまうカップルも増えてきます

(この喧嘩も終わってみると楽しい思い出なんですけれど)

 

準備で頑張ったぶん

式がはじまると感動するし楽しいものになります

 

お客様からの話をうかがうと

来賓の皆さんを見送って、ほっとした瞬間に手に持っているブーケをどうするのか

皆さん悩み始められるようです

 

結婚式の前は考えてみなかったけれど

ブーケが枯れていく・・・

どうにか残せないかなと

 

当店では、生花をプリザーブドフラワーへ加工も承っています。

 

ただ、本当のおすすめは最初からプリザーブドフラワーでブーケを準備されること

理由は加工できない花もありますし

生花で楽しむために育てられて花を無理やり加工するよりも

プリザーブドフラワーに加工するために栽培されたお花とでは

どちらが綺麗に残せるか

なんとなくわかっていただけるんじゃないかなと思います。

どうしても、プリザーブドフラワーというと

雑貨的な印象になってしまっているのか

ブーケをプリザーブドフラワーで作るという発想に至らないようですが

後のことを考えると、こちらの方がおすすめです。

 

 

「ほっこり穏やかな家庭をイメージできるお二人のブーケ」

 

話しはかわって

昨年、作らせていただいた

プリザーブドフラワーのブーケ

 

お好みをうかがって

ドレスの画像を拝見して

花材をそろえて制作

 

(許可をいただいて画像の一部をご紹介)

 

ヘッドパーツもブーケとおそろい

かわいいでしょ

 

グリーンのアイビーもすべて、

プリザービングした植物をご用意しました。

プラスティックや布で作られたものは、結局植物ではないと思っているので、当店ではご用意していません。

 

この時は、よい花が入荷してくれました

 

この方には、この花をご用意したいなと思っていると

それまで、まったく見たこともない花が入荷することがあるんです。

(残念ながら、ご用意できないこともあります。その時はごめんなさい。)

 

 

 

お二人が来店されると

店内の空気がほっこりあたたかくなるんです。

 

穏やかな家庭を築かれるんだろうなと想像できます

ご依頼いただきましてありがとうございました。

ご紹介がとても遅くなってしまってごめんなさい

 

また、いつでも遊びにきてください

お待ちしています

 

末永くお幸せに♡