Brass 

プリザーブドフラワー専門店 GREEN’S TALEのホームページへようこそ

きっと、プレゼントを探されていて偶然たどり着かれた、はじめましての方も多いと思います。当店は、今年で11年目の神戸 元町のプリザーブドフラワー専門店。プリザーブドフラワーを使ったギフトのデザインから仕入、制作、販売。あと、お手元の生花をプリザーブドフラワー加工してお返ししたりもする。少し特殊なお店になります。

ご来店いただくお客様の多くは男性。プロポーズやお誕生日など一生に一度贈り物

彼女や奥様、ご友人などへの贈り物を選びにお越しいただいています。そのため、ギフトも男性が持たれた時と、女性が持たれた時。いろいろな場面を想像しながらデザインしています。

今回は、真鍮の枠とガラス、ミラーが魅力的な透明感のある宝石箱のようなケースをオリジナルで作りましたので、そのケースを使った商品をご紹介させていただきます。

実は、こちらのケースが入荷したのが約1年前。店頭に見本で置いていると、女性のお客様たちが、かわいいからほしいとおっしゃっていただいていたのですが、ケースのかわいさとプリザーブドフラワーの良さを両方をいかせるデザインがなかなか思いつかず。とうとう1年経過してしまいました(笑)

底部にミラーがあるので全体を覆ってしまうと、せっかくのミラーが隠れてしまいますし、プリザーブドフラワーを詰めるだけでは、移動中に動いてしまい悲しい結果になるかもしれません。プリザーブドフラワーの良さは、やわらかさと立体感、すべてを樹脂で固めてしまうとその特徴をいかすことができません。

いろいろ失敗を繰り返して

底面から樹脂が出てこないようにシール処理をほどこし(ここは、スタッフ全員が、がんばってくれました)、その上に花を配置した状態で底部のみをうっすら樹脂で固めることにしました。使用している樹脂も長期間保管しても黄色に変色しにくいものを使いひとつひとつ手作り。

中心のバラは花びらの多い品種を採用しているので、花びらと花びらの間にリングを入れてリングピローとしてもお使いいただくこともできます。

ようやく、完成したのがこちら。です

Brass

色は、ピンク・ホワイト・オレンジの3色

ギフトボックスのフタを取ったときにも、何かサプライズができればいいなということで、ケースの周囲には落ち葉と木の実(どちらも防虫処理済)をつめています。ガラスの破損が心配なので、そこにはクッションを入れています。

一緒に歩いているガーデンの中を吹く風ごと、このケースに入れて贈ってもらえればうれしいなと。フタをあけると、その風がまた吹いてくる。そんなイメージを持ちながら作っています。

よいタイミングで、CREAの贈りものバイブルのお話しをいただいたので。掲載してもらいました。

オンラインショップでもお買い求めいただけて、全国へお届けしています。よろしければ、クリスマスやプロポーズのプレゼントに(画像をクリックするとオンラインショップをご覧いただけます)

ご不明な点がございましたら、ショップまでお問合せください。