お休みをいただいて今回はチェコとオランダへ行ってきました。いろいろと告知していったつもりでしたが、ご来店くださっていたお客様も多くて、ご迷惑をおかけしました。

チェコへは日本からの直行便がないので、どこかで必ず乗り換えが必要になります。飛行機だけではなく、隣国から列車で移動という方も多いようですが、私は関西国際空港からKLMでアムステルダムのスキポール空港へ行き、飛行機を乗り継いでヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港に

ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港へは、スキポールから1時間30分ほどで到着です。この短い時間の中でもサンドウィッチや軽い軽食がでます。今回、オランダの入国審査で質問攻めにあい、あたふたしましたが無事にクリア(笑)

チェコは、今好景気。車の会社だけでも世界から1000社ほどが入ってきているんだとか。駐在の日本人男性たちの、あまりよくない噂を耳にしたのが少し気になるところですが。いろいろ見てきました。

チェコの首都プラハは、観光客でいっぱい。夜中までにぎわっていました。この写真は、キュビズム建築の建物の内部螺旋階段を下から見上げたところです。キュビズム建築はチェコにしかないらしく、とてもモダンなたたずまいで、ひとめぼれしてしまいました。

1FにOrientというカフェもあり、内装もたのしめます。そして、ケーキもおいしい。住所:Ovocný trh 19, 110 00 Staré Město, チェコ

チェコは素敵な文房でも有名。きっちりとコヒノールさんにもお邪魔してきました。

途中1日は、プラハからバスで3時間かけて、チェスキークロムロフへ

チェスキークロムロフは、町全体が世界遺産に登録されています。

お肉とビールが有名な国ですが、アルコールアレルギーのベジタリアンなので、ベジタリアンレストランでレモネードとパンケーキ。レモネードは、チェコのレストランではどこでも楽しめます。自家製のものを用意してくれていて、お店ごとに味がちがって楽しいですよ。今回は、ここまで、また少しずつ書いていきますね。