GREEN’S TALEでは、お手元にある生花をプリザーブドフラワーに加工させていただいています。

とお話ししても、だいたいの方はピンとこないようで

枯れても気にしないです。とお返事が返ってきます。

そうですよね。花は枯れるのが当然なので

日常の花であれば、それでいいのかもしれません。

でも。例えば、記念日にもらった花

彼やお孫さんからのはじめてのプレゼント

プロポーズの花

ウェディングブーケ

特別な花を残しておくことができれば

思い出と一緒にそばに置いておくことができ

見るたびに幸せな瞬間がよみがえります。

 

今回は、結婚式のウェディングブーケをプリザーブドフラワーへ

加工させていただきました。

加工させていただいたブーケとは別に、

プリザーブドフラワーでもお作りしていたのですが

奥様のお気に入りのブーケを残しておきたい。と、ご主人様からのご依頼

 

ブーケをプリザーブドフラワーに加工

 

 

 

生花のブーケ

このままだと、枯れてなくなります。

ブーケをプリザーブドフラワーに加工

 

プリザーブドフラワーへ加工後、

フレームに仕立て直しさせていただきました。

押し花と違いプリザーブドフラワーへ加工することでよいところのひとつは、

枯れずに長期保存できるのはもちろんですが、花の立体感も残せます。そして、色も鮮やかにのこせます。今回は白い花のブーケなので、色合いはご覧いただけませんが、たくさん良いところがあります。

ブーケの場合、一日中照明があたっているので、難しい場合もありますが。お手元の花も残せるかな??と思われたら、店頭受付以外に発送での受付も承っていますので、お気軽にご相談ください。

幸せな花に囲まれた人生

末永くお幸せに