もう8月も終わりに近づいています。外は、雨。こうやって少しずつ次の季節になっていくんでしょうね。

今日は、プロポーズでプレゼントされた生花の花束をプリザーブドフラワーへ加工させていただいたお花のご紹介。(ながいですね)

GREEN’S TALEでは、すでに加工済みのプリザーブドフラワーの取り扱いと

お手元の生花をプリザーブドフラワーへの加工も承っています。今回は、後者です。

生花をお預かりする際に、まれに花にタトゥーのように名前やメッセージを入れていらっしゃいます。今までも、何回かお預かりして加工していたのですが、どれも加工中にきれいに消えてしまって、残りませんでした。

今回、素材の影響だと思いますが綺麗に残ってくれました。

こんな感じ。

プレゼントされたと時の状態をキープしてくれています。

どの素材だと残って、どれだと残らないのか。

まだまだ勉強不足で、素材の違いについてわからないことも多いので、また勉強しておきます。

素材によっては、消えてしまうこともあることをご了承いただければ、お預かりすることもできますので、どうかなと思われた方は一度ご相談ください。

今回のバラは、ご本人様とお母様のご希望で

こんな感じにアレンジしてお返しさせていただきました。(メニューには載せていないオプションのデザインになります)

結婚式にも飾ってくださいね。

ありがとうございました。