プロポーズの花束をフレームにリアレンジ(リアレンジ事例)

花束をフレームにすることもできるプリザーブドフラワー

ブログにもインスタグラム@greens.tale)にも頻繁に書かせていただいているプロポーズのお話し。皆様それぞれ、思い描くイメージがあって、何をプレゼントしよう、彼女は何がうれしいかな、リングはいらないと言われたし。。。どこでいつプレゼントしよう。特に2020年からはコロナウィルスの関係もあり、いろいろと考える事が多いですよね。

毎日のように、ご相談に来てくださるので。一緒に考えながらオーダーをお受けし、プロポーズのための花をご用意しています。そうですね、数年前から1年で1000件以上はご相談をおうけしている計算になります。

お伝えしても信じてもらえないこともあるんですが、GREEN’S TALEにご来店くださるお客様は、ほとんどが男性なんです。花屋さんにはいるのはちょっと気が引けるなという方も多いようですが、安心してご相談ください。

安全なプロポーズのシチュエーション選び

コロナウィルスの影響もあり、外出されることを自粛されている方もいらっしゃるので、おすすめするわけではないですが。今は、ホテルもレストランもきっちり感染対策をされている施設が多いので、緊急事態宣言中や蔓延防止中でも昨年と比較すると選択肢も広がったのかなと思います。ホテルの担当者の方からうかがった話では、神戸でも人気のホテルは、週末は満室のようです。

(わかる範囲にはなりますが、この施設ではこんなサービスがあって、こちらはこんな感じと、リサーチもしているので、よろしければご相談ください。)

話しを戻して、プロポーズのタイミングをつかむのに花のプレゼントは最適なんです。それもプリザーブドフラワーならそのときの記念の花が残ります。

オンラインショップでお選びになる方もいらっしゃれば、メールや電話、お店でご相談されこだわりの1点を準備される方もいらっしゃいます。今回は、そんなこだわりの花束をご用意したあと、フレームにリアレンジさせていただきました。

彼女の雰囲気やイメージ、プレゼントされたいカタチなどをうかがってバラやアジサイをふんだんに使い制作させていただきました。かわいいでしょ

プロポーズが終わったら、彼女のこのみのデザインに

プロポーズの日を終えて、無事に彼女に受け取ってもらった後

こんな感じでフレームへリアレンジ

リアレンジはアレンジし直す、洋服を仕立て直しするような感じでしょうか。

プリザーブドフラワーで準備すると、枯れないからこんなこともできます。

プロポーズの後、お二人で来店されて残されたいデザインを一緒に考えていくこともできますよ

彼女の好みのかたちで残せると、準備するときの気持ちも少しは楽になるかな。。ということではじまったサービスです。

今までも、1年に1本もしくは1束ずつプレゼントされて10年ですべてを集めてリアレンジされ楽しまれいる方もいらっしゃいます。

プロポーズの専用ページもご用意しています。よろしければご覧ください。

プロポーズ専用ページ https://greens-tale.com/flowergift/propose/

プレゼント選びの参考になれば幸いです。ご来店の際は、ご来店予約をお願いします。

【GREEN’S TALE公式オンラインショップ プロポーズ専用ページ】

https://www.greenstale.com/product-group/46?division=3

|カテゴリー:ウェディング,オーダー制作,プロポーズ


関連記事

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • TOPへ戻る
    ja Japanese
    X